恵方巻のご予約承ります【一滴】

2018年01月24日

top-ehoumaki

2018年は南南東の方角。丸かじりで今年1年幸運な願いをこめて

なぜ、節分に巻ずしを食べるのようになったのでしょうか?これは「巻く」ということから「福を巻き込む」、「切らずに食べる」ことから「縁を切らない」という意味が込められているという説が有力です。また、巻ずしの形が黒くて太いことから、鬼の金棒にみたて豆をまくのと同じように、鬼の金棒を食べて鬼退治をする意味もあるようです。恵方を向いて、無言でお願い事をしながら、一滴の巻ずしを丸かぶりしましょう。

料理人の恵方巻

今年1年の幸運を願って、家族みんなで丸かぶりして、おおいに福を呼び込みましょう。ちょっと贅沢に、一滴の料理人こだわりの恵方巻で幸運な1年に。

お問い合わせは下記からお願い致します。

一滴のホームページはこちらから
 「旬魚季菜 一滴」

TOP